この記事は……。

  • 性感染症から起こる癌の予防したい
  • HPVのワクチンを接種したい
  • パートナーを守って幸せな時間を作りたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

女性の代表的な癌として有名な【子宮頸がん】はご存知でしょうか?
また、この癌のうち60?90%程度の割合がHPV感染によるものという事実もご存知でしょうか?
このHPVとは「ヒトパピローマウイルス」といい女性であれば80%以上、男性は90%以上が生涯で一度は何らかのHPVに感染すると言われています。

 

またHPVはローリスクなものからハイリスクなものまであり、
ハイリスクなもので感染すると女性では子宮頸がんに。
男性では中咽頭がん、陰茎がん、肛門がんなどにかかわってきます。
またこれらは性交に関わる部位でのがん化に関連しています。

 

【ぺいるーと】でHPVワクチン接種のメリット

男性がHPVワクチンを接種するメリットは、
性交時のパートナーからのHPV感染を防ぎ、
未然に『がん』を回避することにあります。
ですが「【ぺいるーと】」でワクチン接種をするならほとんど費用はかかりません。

 

HPVワクチンは高い!?でも【ぺいるーと】なら安心

まだ日本では承認されていないので、
自費でHPVワクチンを接種すると数万円以上?の高額な費用がかかります。
ですが「【ぺいるーと】」の治験に参加すれば、
費用は交通費や初診料・再診料のみ!
また治験参加者は「負担軽減費」として支払われるお金を受け取ることができます♪
ほとんどお金を払わずにワクチンをうってもらえるんです。

 

【ぺいるーと】の信頼性

【【ぺいるーと】】は業界トップクラスのモニター数を誇っており、
東京では治験実施数は全国No.1の実績があります。

 

【ぺいるーと】の治験はどこで受けられる?

HPVワクチンのワクチン接種は
茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川/大阪府/京都府/兵庫/奈良
などなど全国から受けられます!
↓のリンクより公式サイトにアクセスできます。

 

【ぺいるーと】でがんを未然に防ぐ

がんは金銭・肉体・精神に大きな負荷がかかります。
でも【ぺいるーと】の治験に参加すれば、
そんなリスクを最小限に抑えることができます。
「がんになってから」では遅いんです。
ぺいるーとでワクチンをすぐにでも打ってもらい、
パートナーとより良い人生を歩んでいきましょう。

 

 


 

がんは治療で痛みが発生する

 

 私たちはがんについて、「不治の病」とか「死に至る病」というイメージを持っています。だからこそ、「がんです」と言われると、まるで死の宣告をされたかのように、思い悩んで塞ぎ込む人も多いのですが、それは正しい知識がないためです。がんで死ぬ≠ニいう状況をもう少しよく理解する必要があります。

 

 確かにがんは、簡単に治る病気ではありません。それでもがんが原因で死に至るには明確な理由が必要です。その理由を満たさなければ、いくらがんが進行しても人間は死なないのです。この章ではそのことについて説明していきましょう。

 

 まず、がんという病気には、普通の病気とは異なる点がいくつかあります。

 

 がん以外の病気で病院に行くときのことを思い出してみてください。私たちが病院に行こうと思うのは、ほとんどの場合、頭が痛いとかお腹が痛いとか、体調の悪さを感じるからです。つまり何らかの症状があって、それを解消してもらうために病院に行って治療を受けるのです。症状が消えることで病気は治ったと判断され、治療は終了します。

 

 しかし、がんの場合は、このパターンに当てはまらないことがよくあります。もちろん何かしらの症状があって、がんが見つかる人もいますが、がん患者さんの中には症状がまったくない方もかなり多くいます。また、症状がなくなったからといって、がんが治ったと診断されることもありません。

 

 がんの患者さんによくあるのが、会社や自治体が行う定期的な検診や人間ドックを受けてみたら、症状などまったくないのに大きな病院に行くよう勧められるパターンです。大きな病院で検査を受けたらがんであることを告知され、あれよあれよという間に手術や抗がん剤治療を受けることになります。

 

 手術は痛いし、手術の直後は身体にいろんな管が一時的にとりつけられて不自由だし、手術内容によっては身体の正常な機能を部分的に失うこともあります。

 

 大腸がんであれば人工肛門をつくられることもありますし、胃がんの手術をすれば、退院してもしばらく食べ物がもたれ続けたりもします。抗がん剤治療を受ければ、食欲が落ちたり元気がなくなったり、毛が抜けたり、全身の倦怠感を頻繁に経験することになります。

 

 そんなことから、がんはつらい病気だと思ってしまうのですが、でもよく考えてみれば、こういった痛みや不自由さに苦しむのは病気が進行したからではなく、治療をしたからです。治療することで症状が消えるのではなく、逆に苦痛を味わうことになるわけですから、やはり普通の病気とは相当違うと言わざるをえません。

 

2|がん自体に症状はない

 

 がんには「激しい苦痛を伴う病気」というイメージがあります。

 

 しかし、それは必ずしも正しくなく、がん細胞自体に毒があって痛みを引き起こすということはありません。がん細胞はしょせんただの細胞です。身体を内側からねじったり、針を刺したりすることもありません。がんを患うことで痛みや違和感などの症状を覚えることもありますが、それは単体のがん細胞が引き起こしているのではなく、がん細胞が集まり、塊になったものができてしまったことが原因です。

 

 がん細胞が症状とは直接関係ない例として、たとえば腹痛で病院に行ったら胃がんと診断されたとしましょう。こんなときは「胃がんのせいでお腹が痛くなった」と考えがちです。しかし調べてみると、がんと同時に胃潰瘍や胃炎を患っていることもあります。この場合、痛みの原因は胃炎や胃潰瘍であることがほとんどです。本格的ながん治療をする前に胃潰瘍の薬を使ったら、痛みが消えることも珍しくありません。

 

 同じように腹痛や便秘がきっかけで直腸がんが見つかる人もいます。しかし、がん細胞が腹痛や便秘を起こしているわけではありません。なぜこれらの症状が起こるかというと、直腸にがん細胞が集まってできた塊があるせいで、便の出口が細く狭くなっているからです。出口が狭くなって便が出にくくなれば便秘と感じるでしょうし、大腸が便を送り出そうと一生懸命大腸を動かせば、それを腹痛として感じるのです。

 

痛みはがんのせいではない

 

 また大腸がんになると下痢や便秘を繰り返すことがあります。がんの塊が便の流れを塞いでいると硬い固形の便は引っ掛かってなかなか出ません。その状態を便秘と勘違いすることがあるのです。また出口が狭くなっていても水分を含んだ軟らかい便なら狭い隙間からでも外に出すことができます。しかし患者さんはただ軟らかい便が出ているとしか感じられないので「最近、下痢が続いている」と思ってしまうのです。

 

 この便秘や下痢は、それががん細胞があるから起きているというよりは、単に物理的な塊が出口を狭くしているからこそ起きているといったほうが正確でしょう。もしそこにあるのががん細胞の塊でなくても、出口が狭まっていれば同じ症状があらわれます。大腸がんの検査の前に下剤を使って大腸を空っぽにしたら、一時的に便秘や下痢といった症状がまったくなくなることもあります。だからといって、がんが治ったわけではありません。

 

 


 

「進行胃ガン」でも幸せを実感するIさん(70代女性)

 

 Iさんは、胃の切除術を受けてもうすぐ5年になります。彼女は、ガンになってから、毎月のように温泉旅行に出かけるようになったそうです。

 

 いつも笑顔で外来の部屋に入ってこられては、「温泉につかり、気の合うお友達とおしゃべりし、おいしい海の幸や山の幸をいただくことが最高に幸せ」とお話ししてくれます。

 

 もちろん、胃を切除した影響で多くは食べられないのですが、ついつい食べ過ぎて後悔することもあるそうです。

 

 彼女は、「もし、ガンになっていなければ、こんなに幸せな経験をすることはなかったかもしれない。本当にありがとうございました」と感謝の気持ちをもち続けています。

 

 このように、ガンになったことで、今まで気づかなかった大切なことがわかるのです。そして、この大切なことに感謝の気持ちを持ちながらより充実し、心豊かな人生を歩んでもらいたいのです。

 

 他にも、ガン患者さんの闘病記などでは、いろいろなキャンサーギフトが紹介されています。

 

・ガンになり、思わぬ自分の役割が見つかることがある

 

・「死」を意識することで、「生」がますます充実する

 

・自分にとっての生きがいを考えることが、人生の幸福を追求するきっかけになる

 

・人間は1人で生きているのではなく、人に支えられて生きているということに気づく

 

・ガンになったことをきっかけに、これまでの人生とは違った第二の人生を始めることができる

 

 もし、あなたがガン患者だったとしたら、あなたにとってキャンサーギフトは何ですか?

 

ガンが治る人

 

 多くの選択肢から自分に適したガン治療法を選ぶ

 

ガンが治らない人

 

 ガン治療の情報を自分で集めようとしない

 

 ガンの治療で最も重要なことは、信頼できる情報を幅広く集めたうえでよく考え、自分に最も適した方法を選ぶことです。

 

 当然ですが、どの治療を選ぶかで結果が変わってきますし、ときには生死がわかれることもあります。

 

 医学の進歩とともに、ガンの治療体系は日々変化しています。より効果的な治療法が次々と登場し、ガン治療の選択肢は増え複雑化しています。

 

 多くの場合、治療法は1つだけではありません。

 

 有効な治療の選択肢が増えることは、患者さんにとってはいいことですが、一方で、選ぶことが難しくなるというデメリットもあります。

 

 では、どのようにしてベストの治療法を選べばいいのでしょうか?

 

 まずここで、現在日本国内で受けることができる治療法について解説します。

 

 ガンの治療法は、おおまかに

 

@標準治療

 

A非標準治療

 

 の2つに分かれます。

 

最も効果が高いのが「標準治療」

 

 標準治療は、科学的な証拠にもとづいて、その時点で最も効果が高いことが示された治療法のことです。

 

 言葉からは、「さまざまな治療があるなかでのふつう≠フ治療」のように誤解されがちですが、ベストな方法のことをいいます。

 

 つまり、標準治療は、実際の患者さんを対象とした臨床研究でお墨付きをもらった治療法であり、健康保険が適用されている治療です。いわゆる三大治療とよばれる手術、抗ガン剤、放射線治療、そして最近では一部のガンに対する免疫治療(免疫チェックポイント阻害剤)も含まれます。

 

標準治療以外はすべて「非標準治療」

 

 一方、非標準治療は、標準治療以外のすべての治療法のことです。先進医療や代替医療(補完代替医療)、国内未承認の新薬などが含まれます。

 

 たとえば、臨床試験(治験)で効果を判定中の抗ガン剤、高度先進医療として位置づけられている特殊な放射線治療(粒子線治療)。

 

 また、細胞免疫療法やガンワクチン療法といった免疫療法、温熱療法、漢方、健康食品やハーブ、サプリメント、鍼・灸、マッサージ療法、運動療法、食事療法(玄米菜食、ゲルソン療法など)、心理療法、気功療法などの補完代替療法と呼ばれる治療法も含まれます。

 

 この他にも高濃度ビタミンC療法、コロイド化ヨウ素、酵素風呂、水素風呂といった民間療法もあります。

 

 非標準治療は、ガンに対する効果が期待される、あるいは実際に効果があったケースが存在することはわかっていても、臨床試験などでその有効性がきちんと証明されていない治療法です。

 

 あるいは、そもそも臨床試験などで比べることができない治療もあります。

 

先進医療は「最先端の治療」というわけではない

 

 ちなみに、先進医療は標準治療よりもすぐれた最先端の治療と誤解されることが多いのですが、実際には「試験段階の治療」のことなのです。

 

 つまり、現時点では効くかどうかわからない治療法であり、もし効果が証明されれば標準治療へ昇格しますが、十分な効果がないと判断されたときはお蔵入り、または非標準治療のままとなる可能性があります。

 

 非標準治療の多くは健康保険の適用外になりますので、費用は自己負担になります。

 

 このように、今のガンの治療は、標準治療から非標準治療(代替医療)にいたるまで多岐にわたります。また、ガンに対する治療法の選択肢は増え、かつ複雑になっています。

 


 

更新履歴